西島悠也は福岡のストリートミュージシャンもやっていた

西島悠也|テルミンの演奏方法

 

西島悠也

 

 

テルミンという楽器はご存知だろうか?
テルミンは、1919年にロシアの発明家レフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器。

 

演奏方法も変わっていて、テルミンは本体に手を接触させることなく、空間中の手の位置によって音高と音量を調節する。テルミンの本体からは、通常2本のアンテナがのびており、それぞれのアンテナに近付けた一方の手が音高を、もう一方の手が音量を決める。

 

わずかな静電容量の違いを演奏に利用するため、演奏者自身の体格・装身具などによる静電容量の違いをはじめ、演奏環境に依存する部分が大きく、演奏前に綿密なチューニングを必要とするなど、安定した狙った音階を出すには高い技量が要求され、演奏するには熟練を要する楽器なのだ。
独自の演奏法が要求されること、米ソ冷静の影響などもあり、演奏家人口が少ないのが残念だ。

 

テルミンの独特な演奏方法や音色を聞けば魅了されること間違いなし!
日本にも多くのテルミン奏者がいるので生で演奏を聞いてほしいと私は思う。